労災保険の目的は?

トップページ政府労災保険ポイント「20」目次>労災保険の目的は?

政府労災保険ポイント20

これだけは知っておきたい政府労災保険のポイントをご紹介します。
御社の労災保険選びに是非お役立て下さい。

労災保険の目的は?

災害はいつ起きるかわかりません。最近のように生産技術が進歩し、生産規模が 大きくなるにつれ、働く人が職場で災害を受ける危険は多くなっています。 そのために労働基準法は、労働者を災害から守るためにさまざまな規定を設け、また、 万一の場合は、労働者および家族に対し、一定の補償を行うよう事業主に義務付けています。 しかし事業主が無資金であったり、また、災害が一時に大量に発生して事業主が補償をしきれない というケースが考えられます、そのため、国が労働者に対し、直接災害補償をする制度が必要に となり労災保険は生まれました。 労災保険は保険に加入している事業に働く労働者が業務上の事由または通勤により負傷したり、 疾病にかかったり、またその結果、後遺障害または死亡に至った場合などに必要な保険給付を 行い、労働者の社会復帰の促進、労働者やその遺族の救護、適正な労働条件の確保等を図り、 労働者の福祉の増進に寄与することを目的としている制度です。 また、この目的を達成するためにいろいろな労働福祉事業を設けて労働者の福祉の増進を図っています。 なお、労働基準法上の労働者でない人達の中には、労働者と同じような仕事について業務災害の危険 にさらされている人が少なくありません。 例えば、中小事業の事業主、建設業における大工、左官等個人タクシーその他の自営業者、 それらの家族従業者や家内労働者の業務災害については、他の法律によっても十分な 保護を受けていないので、これらの人も特別に労災保険に加入することができます。

傷害保険・法定外補償保険の必要性

労災保険は労働者のための保険であり、事業主の責任をカバーするためのものではありません。 事業主には労働者に配慮する義務(安全配慮義務)があり、これを果たせなかった場合には、 民事上の賠償責任を問われ、労災保険の給付を超えた補償責任が事業主に発生します。 事業主の責任、あるいは従業員保護の一環として、プラスαの傷害保険または法定外補償保険の 加入が望まれます。

ハイパー任意労災保険の資料請求はこちらから!

資料請求

建設業の保険ラインナップ

ハイパー任意労災保険   事業総合賠償責任保険   建設工事保険  
AIG損保の任意労災保険「ハイパー任意労災(業務災害総合保険)」は万一の労働災害から企業経営を守ります。
ハイパー任意労災保険
  AIG損保の事業総合賠償責任保険
「STARs」製造業者向は、より幅広く対応いたします。
事業総合賠償責任保険
  「建設工事保険」と「組立保険」は損害が生じた場合、その復旧費を補償する保険です。
建設工事保険
 

弊社は損害保険契約の締結の代理権を有しております。
このホームページの情報は、当該商品のパンフレットの付属資料としてご覧 いただくものです。
ご検討にあたっては、必ず当代理店より説明を受け当該商品 のパンフレット、重要事項説明書をあわせてご覧ください。また、ご契約に際しましては、事前に、重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧ください。

※お問い合わせはこちら→03-5337-2337 取扱代理店 リアルバード株式会社
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-18-5 VORT西新宿3F
承認番号 18G07349 引受保険会社 AIG損害保険株式会社 東京第二プロチャネル営業部


建設工事労災資料請求

これだけは知っておきたい!労災のポイント20