労災の保険料率はどうなっているの?

トップページ政府労災保険ポイント「20」目次>保険料率はどうなっているの?

政府労災保険ポイント20

これだけは知っておきたい政府労災保険のポイントをご紹介します。
御社の労災保険選びに是非お役立て下さい。

保険料率はどうなっているの?

●労災保険料率

事業の種類ごとに定められ、事業集団における過去3年間の 業務上災害の発生率を基礎にして賃金総額1000円につき5.5円〜133円の 間に決定されます。

●通勤災害における労災保険率

全業種一率に労災保険率のうち賃金総額1000円につき1円です。

●保険料のメリット制度
(業務災害に対する労災保険率)

同種の事業であっても、事業場の施設、環境等の良否、災害防止に関する努力 の程度により、事業場ごとに災害の発生率が異なります。 そこで事業主の負担を公平にする意味から、一定規模以上の事業場については 個々の事業の災害率の高低に応じて「メッリト制度」といわれる経験料率制度が とられます。
継続事業では@100人以上の労働者を使用する事業、またはA20人以上100人未満の 労働者を使用する事業で、当該労働者数に業務災害に係る労災保険率を乗じた数値が 0.4以上である事業の場合、過去3年間の収支率(特別支給金を含めた保険給付の額と 保険料の差額との割合)が75%以下のときは、次年度の業務災害に係る労災保険率は40%の範囲 で引き下げられます。逆に、収支率が85%を超えるときは、40%の範囲で引き上げられます。 つまり安全への関心が高い優良事業主ほど、保険料が安くなる仕組みです。

ハイパー任意労災保険の資料請求はこちらから!

資料請求

建設業の保険ラインナップ

ハイパー任意労災保険   事業総合賠償責任保険   建設工事保険  
AIG損保の任意労災保険「ハイパー任意労災(業務災害総合保険)」は万一の労働災害から企業経営を守ります。
ハイパー任意労災保険
  AIG損保の事業総合賠償責任保険
「STARs」製造業者向は、より幅広く対応いたします。
事業総合賠償責任保険
  「建設工事保険」と「組立保険」は損害が生じた場合、その復旧費を補償する保険です。
建設工事保険
 

弊社は損害保険契約の締結の代理権を有しております。
このホームページの情報は、当該商品のパンフレットの付属資料としてご覧 いただくものです。
ご検討にあたっては、必ず当代理店より説明を受け当該商品 のパンフレット、重要事項説明書をあわせてご覧ください。また、ご契約に際しましては、事前に、重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧ください。

※お問い合わせはこちら→03-5337-2337 取扱代理店 リアルバード株式会社
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-18-5 VORT西新宿3F
承認番号 18G07349 引受保険会社 AIG損害保険株式会社 東京第二プロチャネル営業部


建設工事労災資料請求

これだけは知っておきたい!労災のポイント20