労災保険料は誰が、いくら納めるのですか?

トップページ政府労災保険ポイント「20」目次>労災保険料は誰が、いくら納めるのですか?

政府労災保険ポイント20

これだけは知っておきたい政府労災保険のポイントをご紹介します。
御社の労災保険選びに是非お役立て下さい。

労災保険料は誰が、いくら納めるのですか?

労災保険の事業に要する費用は、雇用保険と違い、 すべて事業主が負担する保険料でまかなわれます。 保険料は政府が徴収しますが、一般保険料と特別加入保険料があります。

●一般保険料

事業主が使用するすべての労働者に支払う賃金の総額に、 労災保険料率を乗じて算定します。

●特別加入保険料には3種類あります

  • @第一種特別加入保険料
  • 特別加入を認められた中小企業等についての保険料です。
  • A第二種特別加入保険料
  • 特別加入を認められた一人親方等についての保険料です。
  • B第3種特別加入保険料
  • 特別加入を認められた海外派遣についての保険料です。

※賃金総額とは

その事業に使用するすべての労働者に対して、種類の如何を問わず労働の 対価として支払ったすべてのものの総額をいいます。 賃金、賞与、臨時に支給される賃金、通勤手当、残業手当、技能手当、また、 臨時、日雇労働者、アルバイトなどに支払われたものも含みます。 しかし、退職金、結婚祝金、死亡弔慰金、災害見舞金などには参入されません。

ハイパー任意労災保険の資料請求はこちらから!

資料請求

建設業の保険ラインナップ

ハイパー任意労災保険   事業総合賠償責任保険   建設工事保険  
AIG損保の任意労災保険「ハイパー任意労災(業務災害総合保険)」は万一の労働災害から企業経営を守ります。
ハイパー任意労災保険
  AIG損保の事業総合賠償責任保険
「STARs」製造業者向は、より幅広く対応いたします。
事業総合賠償責任保険
  「建設工事保険」と「組立保険」は損害が生じた場合、その復旧費を補償する保険です。
建設工事保険
 

弊社は損害保険契約の締結の代理権を有しております。
このホームページの情報は、当該商品のパンフレットの付属資料としてご覧 いただくものです。
ご検討にあたっては、必ず当代理店より説明を受け当該商品 のパンフレット、重要事項説明書をあわせてご覧ください。また、ご契約に際しましては、事前に、重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧ください。

※お問い合わせはこちら→03-5337-2337 取扱代理店 リアルバード株式会社
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-18-5 VORT西新宿3F
承認番号 18G07349 引受保険会社 AIG損害保険株式会社 東京第二プロチャネル営業部


建設工事労災資料請求

これだけは知っておきたい!労災のポイント20