ハイパー任意労災保険の補償内容

トップ > ハイパー任意労災保険 > 補償内容

ハイパー任意労災保険の補償内容紹介

  「ハイパー任意労災」をご契約いただく際には、ご契約の締結について、必ず補償の対象となる方
   (代表者)の同意の確認が必要となります。※詳しくは弊社またはAIU保険会社にお問合せ下さい。

ハイパー任意労災補償内容詳細

 

  業務上のケガ等による死亡、後遺障害、入院・通院や法律上の損害賠償責任(死亡事故の場合のみ)を補償

死亡補償保険金

業務に従事中(通勤途上を含みます。)に身体の障害※1を被り、それがもとで、身体の障害を被った日からその日を含めて180日以内に死亡した場合※2にお支払いします。

 

後遺障害補償保険金

業務に従事中(通勤途上を含みます。)に身体の障害※1を被り、それがもとで、身体の障害を被った日からその日を含めて180日以内に後遺障害が生じた場合※2、後遺障害等級に応じてお支払いします。

 

入院補償保険金

業務に従事中(通勤途上を含みます。)に身体の障害※1を被り、それがもとで平常の業務に従事することができなくなり、かつ、入院した場合に180日を限度にお支払いします。

 

手術補償保険金

入院補償保険金が支払われる場合で、身体の障害※1を被った日からその日を含めて180日以内にその身体の障害の治療のため所定の手術を受けた場合、手術の種類に応じて定めた額をお支払いします。 ただし、同一の原因にもとづく身体の障害について、1回の手術に限ります。

 

通院補償保険金

業務に従事中(通勤途上を含みます。)に身体の障害※1を被り、それがもとで平常の業務に従事することに支障が生じ、かつ、通院した場合にお支払いします。ただし、身体の障害を被った日から180日以内の実際に通院した日数のうち90日が限度となります。

 

使用者賠償責任限定補償特約
(死亡のみ補償)

死亡補償保険金が支払われる場合で、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対し、賠償保険金および争訟時の弁護士費用などの費用保険金をお支払いします。

   


業務上のケガ等により休業した場合の補償

休業療養補償保険金等

業務に従事中(通勤途上を含みます。)に身体の障害※1を被り、それがもとで、その身体の障害を被った日からその日を含めて180日以内に就業不能となった場合、下記@?〜C?の保険金をお支払いします。

@休業療養補償保険金
就業不能が開始した日から30日を限度に、就業不能1日につき休業療養補償保険金日額をお支払いします。

B入院療養補償一時金
休業療養補償保険金が支払われる場合で、就業不能が開始した日からその日 を含めて30日以内に、1泊2日以上の入院を開始し、通算入院日数が8日以上となった場合に休業療養補償保険金日額の10倍の額をお支払いします。ただし同一の原因にもとづく身体の障害について1回のお支払いとなります。

A手術療養補償保険金
休業療養補償保険金が支払われる場合で、かつ、入院し、就業不能が開始した 日からその日を含めて30日以内にその身体の障害の治療のために所定の手術を受けた場合、手術の種類に応じて定めた額をお支払いします。ただし同一の原因にもとづく身体の障害について1回の手術に限ります。

C長期休業療養補償一時金
休業療養補償保険金が支払われる場合で、30日間継続して就業不能となり、かつ、31日目においても就業不能の場合、部位および症状により定めた額をお支払いします。

病気に関する補償 ※6

疾病入院医療保険金

病気治療のために1泊2日以上継続して入院した場合に、ご契約の日数(30・60・90日のいずれか)を限度に、疾病入院医療保険金日額をお支払いします。

 

疾病入院医療費用保険金

病気治療のために1泊2日以上継続して国内で入院し*1、公的医療保険制度または労働者災害補償制度を利用した場合で、入院を開始した日からその日を含めて365日以内に実際に負担した費用*2に対し、ご契約の保険金額を限度にお支払いします。

 

疾病入院療養一時金

病気治療のために、ご契約の日数(5・15・30日のいずれか)以上の継続入院が必要であると診断された場合に、お支払いします。

一時金などその他の補償

医療費用補償保険金

業務に従事中(通勤途上を含みます。)に身体の障害※1を被り、それがもとで、身体の障害を被った日から365日以内に医師の治療を受け実際に負担した費用に対し、ご契約の保険金額を限度に実費をお支払いします。

 

入院補償一時金

入院補償保険金のお支払対象となる場合で、1泊2日以上入院した場合にお支払いします。ただし同一の原因にもとづく身体の障害※1について1回のお支払いとなります。

 

葬祭費用保険金

補償の対象となる方が死亡し葬儀などが行われた場合、実際に負担した葬祭費用に対し、ご契約の保険金額を限度にお支払いします。

 

使用者賠償責任補償特約

補償対象者※1が業務上の理由または通勤により被った身体の障害※5について、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担する場合。ただし、政府労災保険等において給付対象となる資格を有する補償対象者の身体の障害に対する賠償保険金の支払いにあたっては、政府労災保険等による給付決定、または業務災害・通勤災害に該当しないことを理由とした不支給決定が必要となります。被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害(賠償金および争訟時の弁護士費用等による費用損害を含みます。)に対し、保険金をお支払いします

 

災害付帯費用保険金

死亡補償保険金が支払われる場合に、災害付帯費用保険金をお支払いします。

   
 

災害死亡保険金

業務に従事中(通勤途上を含みます。)に身体の障害※1を被り、死亡した場合にお支払いします。ご契約時に代表となる方の同意を頂くことにより、保険金の一部を事業主費用に充当することができます。

 
※1 補償対象者とは保険契約者の行う業務に従事する者で保険証券記載の者をいいます。これらの者のうち、使用者賠償責任限定補償特約(死亡のみ補償)および使用者賠償責任補償特約においては、同特約条項に記載された者をいいます。
※2 身体の障害とは業務上のケガまたは業務に起因して生じた所定の症状をいいます。(ただし、死亡補償保険金及び災害死亡保険金の支払対象となる症状は、特約に定めた症状をいいます。)
※3 この場合、被保険者とは当該特約条項に規定され、かつ保険証券記載の者をいいます。
※4 「同一の病気」次のいずれかに該当する場合は、後の病気は前の病気と異なるものをみなします。
  ・入院が終了した日からその日を含めて6カ月を経過した日の翌日以降に、再びその病気の入院が治療が必要となったとき。
  ・入院しなかった場合はその病気の治療が終了した日からその日を含めて6カ月経過した翌日以降に、再びその病気の入院治療が必要となったとき。
※5 身体障害とは負傷または疾病をいい、これらに起因する後遺障害または死亡を含みます。
※6 病気に関する補償については、保険金は補償対象者への直接のお支払いとなります。
(注意)同一の補償を提供する他の保険契約がある場合、重複して保険金は支払われません。
 

弊社は損害保険契約の締結の代理権を有しております。
このホームページの情報は、当該商品のパンフレットの付属資料としてご覧 いただくものです。
ご検討にあたっては、必ず当代理店より説明を受け当該商品 のパンフレット、重要事項説明書をあわせてご覧ください。また、ご契約に際しましては、事前に、重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧ください。

※お問い合わせはこちら→03-5337-2337 取扱代理店 リアルバード株式会社
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-18-5 中央第7西新宿ビル3F
承認番号: AIU-首-17-0896 引受保険会社 AIU損害保険株式会社 東京第二プロチャネル営業部


建設工事労災資料請求

これだけは知っておきたい!労災のポイント20